2019.01.09 井手芳弘 N

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

ペロルは皆様のおかげで15周年を迎えます。

このような情勢の中で、ここまでやってこれたのは、

ひとえに皆様のおかげです。

ありがとうございます。

昨年のペロルクリスマス会から2週間ほどですが、

年が明けると

なんだか、はるか昔のような気がするのは不思議です。

昨年末のクリスマス会にはたくさんの方においでいただき、

皆さんと、お祝いできて大変嬉しく思いました。

さて、今年こそは、早めに年賀状を出せるかもしれない、

と期待したのですが(実は毎年期待している)、

やはり、今年もダメでした。

来年は、頑張りたいと思います。

ちなみに、去年のお正月も年賀状のことを話題にしたような気がするな、

と思いながら見てみてビックリ、全く同じことを書いていました。

でも、今年は29日ですからわずかばかりの進歩です。

というか、昨年より一日ペロルのお正月休みを早くしたので、

やはり一緒でした。

今年も年賀状の種明かしをしたいと思います。

今年は、当ててくれた人がいました。

天気のいい朝早く露の降りた野原を歩いていると、

朝日が露に当たりキラキラと輝きます。

すがすがしい朝だ、と思いながら、

しばらくそのキラキラを眺めていると、

次第にそのキラキラに色が付き始めます。

赤やオレンジ黄色に紫、青、緑、水色

それは心にしみるきれいな色です。

そんな中、地面に張ってある蜘蛛の巣を見つけました。

直径15㎝から20㎝の小さなものです。

その蜘蛛の巣に朝露のビーズがびっしりと数珠繋ぎです。

一つ見つけると、そこら中に見つかります。

眺める角度を変えてみると、虹色に輝く場所があります。

ほんの少し場所を移動するだけで、一粒一粒のビーズの色が変わっていきます。

その美しいことと言ったら、ただ、ただ息をのむばかりです。

一つのクモの巣から次のクモの巣へと鑑賞です。

クモたちはまるで、お店を出しているかのようです。

「ここのは大きいね。」

「ここのはきれいな五角形してるね。」

「フムフム」

と言いながら、カメラに収めます。

でも、見たほどにはきれいな色で写ってくれません。

それでも、あきらめずに何度も何度も撮ってみます。

天気のいい日の朝の仕事、

それは虹の真珠をめでて回ること。

「ウーン、この虹は小さいけど、背景が黒くて色が鮮やかだ!」

「こちらは‥形が星形になってるな~」

「こちらは、広くて大きいや!」

地面は虹の展示場。

至る所に、それぞれのブースを作って網を広げ、

そこに真珠の粒を飾っている。

どれも、魔法の真珠たち。動くたびに色合いを変えていく。

「フムフム、やあやあ、いいねー!、」

見飽きることがない。

2019.01.09 井手芳弘