今年も東京で、ライア作りの講座を行いました。

ノミを持つのも初めての皆さんも、

とても素敵なキンダーライアを完成されました。

講座の中で、私が皆さんにお伝えしていることは、

自然な形、バランスの取れた形を作るということ、

目で見るだけではなく、触りながら形を作っていくこと

表の形に添わせて裏側を掘っていくこと、

生き物としての形を作ること、

などなどです。

こういう風に書いてしまうと、とても難しそうです。

参加者の皆さんは、最初、ちんぷんかんぷんですが、

次第に、その感覚が分かるようになり、

触りながら、「そう、ここね!」「そう、そう」

などと、はたから見ると、わけのわからないことを

つぶやくようになります。

ペロルライアペンタトニックのシリーズが終わり、

新たな制作に入っていますが、

そんなわけで、人にはそのように厳しく偉そうに(?)言っているのに、

肝心の私の作るペロルライアが、その形になっていないとなると、

自己矛盾を起こしてしまいます。

「先生、あんなこと言っていたのに実際に作るライアこんなの?」

と言われると恥ずかしくて穴に入るしかありません。

作りかけのライアを自分で触りながら、

「う~ん、う~ん」とうなりながら頑張っています。

背中やお腹がむずがゆくなるような変な感覚に襲われ続けます。

たぶん、羽ではなく、

自分の身体を作っている形を使っているのだと思います。

そういえば、足の裏に体の様々な臓器のツボがある

と聞いたことがあるように思います。

足の裏の形に体全体が表されているのだと思います。

足の形に体の形を合わせるのはとても難しいように思いますが、

ライアを体の形に合わせるのも同じようなものかもしれません。

そういえば、ライアが足の形に見える、

とか耳の形に見えるとか言われる方があります。

そうやって、う~ん、う~んと唸りながら、

良い感じになってくると

胸と腕のあたりがスーッと撫でられるような感じになります。

何度も撫でているうちに、

ふと、思いました。

「そう、鳴らさなくてもいい。」

「触るだけでいい。」

「触るだけで癒される、触るだけで元気になる、そんなライアを作ろう。」

「コンセプトは<触るだけで癒されるライア>だ!」

そう考えているうちに、ペロルライアをご注文いただいているお客様から、

「皆さんで集まる機会があり、そこで紹介してあげますよ。」

というありがたいお言葉いただきました。

おまけに、私のライア作りの講座に参加された方も同席されるとこのこと。

今まで積み重ねたことを使いながら、必死の思いで仕上げ、送りました。

後で、「皆さんで撫でまわしました。反応はとてもよかったです。」

とお聞きしました。

これで、講師の面目も保たれて、一安心です。

ところが、なんとそのあと、

「2歳の男の子が、お家のペンタトニックのライアには

全く興味を示さなかったのに、そのライアを見るなり、

夢中で弾き始めました。」

という信じられない話と動画をお母さんからいただきました。

これには、うれしさを通り越して???状態です。

「そこまで?」という感じです。

ライアもさぞかし照れていたことでしょう。

2019.03.01井手芳弘