ローズウィンドウペーパーを作る時にどうしてもでてしまう端紙。

活用方法はありませんか?とお客様からお問い合わせをいただいており、

切り絵の作品のアイディアを思いつきました。

切り絵のテーマは、夏に向けたものを作りたかったので、

海のなかのイメージをふくらませて、

「海のおはなし」を作ってみました。

【材料】

※鉛筆以外すべてペロルで取り扱っております。商品のリンクも付けておりますのでよろしければご覧ください。

・レインボートランスパレントペーパー

・ローズウィンドウペーパー(端紙でもOK)

ローズウィンドウ用枠(今回は中サイズを利用)

・のり

・はさみ

・鉛筆

切り絵の材料

通常のローズウィンドウとはちょっと変えて、レインボートランスパレントペーパーをベースにします。

①レインボーのペーパーをカットする

レインボートランスパレントペーパーはグラデーションのどの部分を切り取るかで印象が変わるので、気に入った場所を探します。

↑黄色を入れて明るい感じ

↑暗い感じ

↑グラデーションの出かたを縦向きにしてみたり。
作品のイメージに合う場所をいろいろと探します。

好みの場所を枠の内径の位置に線を引き、その外側1.5センチほどでカットします。

②切り絵をする

ローズウィンドウペーパーのハシガミを使って、切り絵をします。

フリーハンドで思いつくままに魚や海藻などをカットしました。
1つ穴パンチを使って小さな丸を大量生産しようとしましたが、
ローズウィンドウペーパーは柔らかいので、
このパンチには向いていませんでした。
小さな丸も、ハサミで切りました・・・(ちょっと大変でした)。

↑魚のうろこ模様を付けています。 空想のお魚たちなので、自由にデコレーション♪

③レインボーのペーパーに切り絵を貼っていきます。

バランスを見ながら貼っていきます。まず最初に背景になる海藻をリース状に貼りました。
のりを使うときのポイントですが、
のりを紙にあてるのではなく、紙をのりにあてる、
という使い方をしました。
(のりを固定して紙の方を動かす、という感じです)
紙が薄く簡単に破れてしまうので、のりづけは慎重に。
ぽんぽんと触れる感じで扱いました。
魚たちの目を鉛筆で描き込みます。
ペンではっきり描いてもいいかとは思いますが、
柔らかい印象にしたかったので、今回は鉛筆で行いました。
ときどき透かせてバランスを確認します。

④枠にはさんで完成

枠に挟み、スタンドに載せて完成♪
魚たちの話し声が聞こえてきそうです♪

今回は海のイメージで作成しましたが、

アイディア次第でいろいろなものができそうです。

夏休みの思い出のワンシーンを切り絵で表現してみてはいかがでしょうか?