レインボートランスパレントぺーパーを使った

海のおはなし」という作品を、先日作成しましたが、植物バージョンも作成してみました。


左からはしがみ、長方形枠中サイズ、レインボートランスパレントペーパー。今回は円形ではなく、長方形の枠で作成してみます。

用意するもの※材料はすべてペロルで販売しております。


作品の構想を練る作業。図鑑のなかの植物を参考に、空想上の植物も作ってみようと思います。

それではさっそく、制作開始です。


①レインボーのペーパーをカットする

レインボーのグラデーションのどの部分を切り取るかで印象が大きく変わります。作りたい作品のイメージに合わせて考えましょう。

明るいグラデーション

暗めのグラデーション

今回は、赤や黄色の多い明るい部分にしました。

枠の内側に沿ってえんぴつでなぞります

鉛筆の線の1センチ以上外側をはさみできります。

②切り絵をする

フリーハンドで自由にちょきちょき 。パーツを作成します。

パーツを載せてみてバランスを見ます。

③パーツをのりで貼りつける

切り絵のパーツを一旦すべて外して貼っていきます

のりを付けるときは紙が破れないように慎重に行いましょう。

小さい部品はピンセットがあるとやりやすいかもしれません。

パーツを全て貼り付けました

④えんぴつで描き足し(必要があれば)

葉っぱの葉脈や模様を描き込みました。にぎやかな作品にしたかったので、隙間に所狭しと書き込みました。

⑤枠にのりを付ける

枠の裏面にのりを付けます。

写真を撮り忘れてしまいましたが、のりの上にレインボーのペーパーを貼り付けます。そのあと、枠同士にのりをつけ、ペーパーをサンドします。

裏側から見たところ

レインボーのペーパーは裏表があり、作りたい作品のイメージに合わせて使い分けることができます。表は発色が濃く、裏は淡くマットな風合いです。

⑥完成♪

ローズウィンドウスタンドに載せてみました。

アジアと北欧の植物を融合したイメージで作りました。

前回作成した作品と一緒に並べてみました。長方形の枠は絵画のような印象になりますね。枠の形による印象の違いも楽しめます。


材料がすべてセットになった限定キットも販売しております。(下記商品)

レインボーをベースにした切り絵キット

みなさんもぜひ作ってみてください♪


販売店:ペロル

福岡県福岡市早良区南庄6-21-25-1F-A

オンラインショップ: https://perol.jp/