トランスパレント枠の中サイズを使って作ってみましょう。


材料:トランスパレント絵枠 1セット(2枚)、ローズウィンドウペーパー大ブルー2枚、ホワイト1枚


必要な道具:セメダインC(昔からある透明なもの)もしくはリップノリ、木工用ボンド、鉛筆、ハサミ、


1.ホワイトのローズウィンドウペーパーを

枠の真ん中あたりまでかさなるような大きさに鉛筆で印を付けてハサミでカットしてください。

隠れる部分なので大体で大丈夫です。

 

2.トランスパレント絵枠の裏側(色がついていない方)を表側にし、

その上にセメダイン、もしくはリップノリを塗り、

ホワイトのローズウィンドウペーパーを乗せて貼り付けます。

この時にしわが寄ったら、紙が破れないように気をつけながら伸ばしてください。

 

3.ホワイトの紙と同じサイズにブルーの紙を一枚切り、

その上に山の形に切ったブルーの紙を重ねて山の上の端と周囲の部分にセメダイン、

もしくはリップノリをつけて貼り付けます。

泉を作る場合は、貼り付ける前に山に切った紙に穴をあけてください。

 

4.その後、ブルーの紙を手に持って、線香、もしくはコンパスの芯などで

星や蛍の穴を開けます。山の部分は2枚とも開けるようにしてください。

火の取り扱い、火傷、コンパスで手を刺さないように気をつけてください。

 

5.ホワイトの紙を貼った枠にセメダインもしくはリップノリでブルーの紙を貼り付けてください。

山の紙が上に乗るようにしてください。

6.上から乗せる枠の裏側を表に置き、

その上から木工用ボンドをのの字を描くようにつけていきます。

この時にボンドが付き過ぎないように注意してください。

 

7.上から乗せる枠をかさね、軽く押さえます。

この時にボンドが出てこないように気をつけてください。

10分ほどたってから再度押さえると、ボンドが横からはみ出ません。

8.裏から、蛍光ペンで星や蛍の場所に色を塗ると、色つきの星や蛍になります。

 

9.結露しない窓などに置いて飾ってください。

枠の真ん中に穴をあけて、窓の桟からつりさげることもできます。

*手軽にお試しいただけるようキットを作りました。
トランスパレント絵中(星空)手づくりキット

ペロル
〒814-0031 福岡市早良区南庄6-21-25 1F-A
TEL: 092-844-8164 FAX: 092-844-8174
定休日:毎週火曜日 営業時間:10-18時

オンラインショップ: https://perol.jp

ご不明な点がございましたら下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム
ご注文お待ちしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です