ペロルで大人気のローズウィンドウ。

光に透かすとステンドグラスの様に美しい模様を楽しむことが出来ます。

今回は「初めてのローズウィンドウ手作りキット」の中からパターン2を作ってみました。

 

 ペーパーの上に枠をのせて内側の線を鉛筆でなぞります。

ホワイト、カナリア、スカイ、マリン、4枚すべて線をひきます。

 

↓ なぞった線の外側に約1cmのりしろを残してハサミで切ります。

 

↓ 4枚すべて切ったところ。

 

↓ここからホワイト以外の3枚(カナリア、スカイ、マリン)を16等分に折っていきます。

ひいた線に合わせて半分に折ります。

 

↓ さらに線を合わせて半分に折ります。

 

↓ さらに半分に折ります。円の中心からしっかり折ります。

 

↓ さらに半分に折りますが、片側1枚を上に、もう片方の2枚を下に折ります。

 

↓ 全て折ったらそれぞれのりしろに数字を書き込みます。

①カナリア、②スカイ、③マリン。

 

↓ 図案を用意し、パターン2の図案をそれぞれの数字と色に合わて、紙に鉛筆で書き写します。

このとき、折った紙は一度広げて数字を書いた面に書き写してください。

 

↓ すべて書き写したところ。

 

↓ 折り目に合わせて16等分に戻します。

 

↓ カッティングボードの上に紙をのせ、デザインカッターやはさみを使って図案に合わせてカットします。

 

↓ 図案をすべて切り終えたところ。

 

↓ 破らないように気を付けて広げます。

 

↓ 最後に紙を枠に貼りつけていきます。

 

↓ 枠の裏(凸凹が無い方の面)を向け、ホワイトの紙をのせます。線を内径に合わせてのりで貼りつけます。

 

↓ ①カナリア、②スカイ、③マリンの順に①の上に②、②の上に③と重ねて貼っていく。

内径の線、折り目、図柄を合わせるように貼ります。

 

↓ もう1枚の枠の裏側にのりをしっかり付ける。

 

↓ 枠を重ねたら完成です!!窓辺で光に透かしてみましょう。

 

【番外編】

切り取った余りの紙とローズウィンドウ枠ミニを使って、ちぎり絵のローズウィンドウも作ってみます。

↓ ホワイトにミニ枠をのせ、内径の線を引きのりしろ約1cm残して切ります。

↓ 余った紙から適当にちぎります。

↓ 下地のホワイトを枠に貼り付け、その上にちぎった紙をバランスを見ながら貼っていきます。

↓ もう1枚の枠を貼り付けたら完成です。

 

↓ 完成した作品を窓辺に飾ってみました。

 

★今回使用したキットと道具

・初めてのローズウィンドウ手作りキット

・LYRAイーシーラーナーBグラファイト(えんぴつ)

・キルト&ペーパークラフトはさみ

・オルファアートナイフプロ

・カッティングマット

・ローズウィンドウ枠ミニ

他にも様々な手作りキットや材料の取り扱いがあります。

2018.02.16.