dieters藁の手作りキット
オーナー宅の倉庫に眠っていた、ドイツの手作りキットを使って
店のポトス用の花瓶カバーを作ってみました。

キットに入っているのは、
太い藁(繋がっているロングタイプ)と
細い藁(短く太さまばら)です。

花瓶のサイズに合わせて底から編んでいきます。
フレーベルの作り方を参考にベースを編みました。

工作DAYSフレーベルの作り方はこちら

適当なところに1本藁を結び透けて
ベースを9本にしました。

それではベースに藁を巻きつけていきます。
1本1本のベースに互い違いに編み込んでいきます。

底のサイズまで編めたら、
次は側面を編んでいきます。
同じように互い違いに編んでいきます。
横に広がらない様に注意!
太い藁がなくなったら、
細い藁に切り替えます。
細い藁は細くて短いため、何本か重ねて
さらに長さを出すため何束かを結びます。
細い藁ははねやすいので、継ぎ足す時は
クリップなどで固定をします。
途中経過です。
まだまだ高さが足りませんね。
そろそろ完成です。
編み終わったらベースの太い藁を
右側の網目の中に入れ込んで止めます。
今回適当に差し込みました。
不格好ですが、なんとか出来上がりました!!

ほかに、ミサンガの手作りキットもありますよ♪
ミサンガ手作りキットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です