〒814-0031 福岡市早良区南庄6-21-25-1F-A

TEL :092-844-8164 FAX:092-844-8174

営業時間:10-18時 火曜定休

オーナーブログ
つれづれ324 鳥海山登山

つれづれ324 鳥海山登山

つれづれ324 鳥海山登山   少し肌寒く、少し暗くなってきましたね。横に吹きすさぶ風に灯るあかりが恋しい季節になってきました。皆さん、お元気にお過ごしでしょうか?私は少し焦り始めています。というのも、季節はクリスマスに向かっていこうとしているのに、相変わらず夏の東北にとどまっているからです。               […]
つれづれ323 佐渡紀行3

つれづれ323 佐渡紀行3

    あたりはすっかり、秋になりました。 皆さん、お元気でお過ごしでしょうか? 昨日は、中秋の名月でした。 福岡では夜中まで美しいお月様を眺めることが出来ました。 新しいホームページはいかがでしょうか? 感想、ご意見等ご連絡いただけると、ありがたく思います。 つれづれはいまだに、夏の佐渡にとどまっていました。 気持ちもだんだん遠く離れていく感じがします。 こうして、記憶の中に […]
つれづれ322 佐渡紀行2

つれづれ322 佐渡紀行2

つれづれ322 佐渡紀行2 今回、新たなホームページへ引っ越して初めてのつれづれです。ページは変わりましたが、つれづれはこれまで同様月2回のペースで書いていきますので、よろしくお願いします。 これに先立ち、これまでのつれづれを初回から見てみました。それなりにいろんなことを考えていたんだな、と自分を振り返るきっかけにもなりました。季節は秋になり、振り返る季節でもありますので、ちょうどよかったかもしれ […]

321 佐渡紀行

321 佐渡紀行 今回のミュージックケア大会は新潟市で行われました。東京でのスケジュールをこなし、大会まで2日ほど時間があったので、その間に、佐渡研修を企画しました。 あまりに急に思い立ったので、もちろんレンタカーを予約しようとしましたが、最安値のレンタカーはすでになく、でも、最安値の設定として、他のクラスの車が借りられることに(車種は選べないとのこと)なりました。 久々の船旅です。 「出航に当た […]

320 再び飛行機から、過剰サービスの続き

320 再び飛行機から、過剰サービスの続き こんなに引っ張るなんて考えてもみませんでした。 こうやって深みに入っているのかもしれません。 様々なドラマを生み出しながら、空のショーは終わりを迎えます。 パチパチパチ。 「ブラボー!」「ブラボー!」 周りから絶賛の拍手の嵐です。 もちろん、周りの人たちは、何もなかったかのように寝ています。 下の世界は闇のベールに包まれていきます。 アンコールも終わって […]

319 再び飛行機から、過剰サービス

319 再び飛行機から、過剰サービス いろんな国や、地方に行くと、とても歓迎を受けることがあります。 「あれも食べなさい、これも食べなさい、これはどうだい、…」 など、お腹がパンパンでも、勧めてきます。 同じようなことが、周りの自然の世界でもよく起きます。 すごい現象を見せられて、呆然自失の状態で目を丸くして立ち尽くしているのに、容赦なく次から次へとサービスがジャブのようにやって来ます。 相手の方 […]

318 再び飛行機から

318 再び飛行機から 普段、あまり飛ばない時間に飛行機に乗りました。 17時40分福岡発、東京行き。 ドイツの旅から時空を超えてやってきました。 まだ梅雨だというのに、連日30度を超える暑さの中、残した仕事を振り払うようにして… 今回はカメラを忘れずに持ってきました。 前日に予約したのに、なんと幸運にも窓際の席が一つ空いていました。 結局、ギリギリに空港にたどり着き、バタバタとお土産を買い、飛行 […]

317 ドイツ研修記7:ザーレムでの日々

317 ドイツ研修記7:ザーレムでの日々 ドイツ滞在記はやっと、ニーダーさんのところでの日々を紹介することができます。 今回はライア作りではなく、そのほかの暮らしに焦点を当てたいと思います。 この写真はある日のお昼です。トマト、ズッキーニなどの野菜が入ったごはんにカッテージチーズが乗っています。その上には、ニーダーさんの奥さんが取ってこられた野草が置かれています。 以前もお話ししたかと思いますが、 […]

316 ドイツ研修記6:ヴォルフさん訪問

16 ドイツ研修記6:ヴォルフさん訪問 いよいよいつものザーレムでの研修が始まりました。 ライアと取り組む毎日です。今回の研修は主にライアの塗装です。 その間に、念願だったヴォルフさんを訪問しました。 ヴォルフとはドイツ語でオオカミという意味なので、日本語に訳すと狼さんという名前です。 日本人の苗字としてはかなり珍しいように思います。熊さんはいそうですが・・・長屋とかに。 ファーストネームを合わせ […]

315 ドイツ研修記5:聖なる場所

315 ドイツ研修記5:聖なる場所 最初のドイツ訪問もボーデン湖のあたりでした。それから、ほとんどのドイツ滞在はこのボーデン湖のあたりで過ごしていて、他の場所にはあまり行っていません。 私の研修や仕事もほとんどこのボーデン湖畔で行っています。 田舎で、あまり観光的に有名な場所でもなく、日本の旅行者もあまり訪れないところです。 まあ、ローカルな場所でいいや、と思っていたのですが、どうも、ここらあたり […]

314 ドイツ研修記4:カスタニアンキント Kastanienkind

314 ドイツ研修記4:カスタニアンキント Kastanienkind ヴェッケルバイラーを後にして列車に乗りシュツットガルトのシェアーハウスで一泊しました。 次の日、カスタニアンキントというお店を訪ねるために、シュツットガルト駅からマンハイムへと向かいました。一時間ちょっとの時間しかかからないなんて、わりと近いんだなと思ったら、料金の高いICE(ドイツの新幹線)でした。 まあ仕方ない、たまには贅 […]

313 ドイツ研修記3:ヴェッケルバイラー

313 ドイツ研修記3:ヴェッケルバイラー ガイガーさんの工房を後にすると、ニュールンベルク駅に向かいました。駅の案内の人に「ヴェッケルバイラーの場所に行くにはどうすればいいか?」と聞くと、切符を売るところで聞いてくれ、と言われ早速向かいます。行ってみると切符売り場には人は並んでおらず、そこらあたりでたたずんでいます。どうやったらいいか、おばさんに聞くと、番号札を取ることを教えてくれました。順番は […]